FC2ブログ

パソコン作業で困った時は「ひろじょう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ポイントとメッシュの変換

 この様な
waku01.png
メッシュからポイントを作成するのは、比較的簡単というか、かなり機械的に行えます。

 使用するGISによって作業方法もいろいろあるでしょうが、とりあえずは
・各長方形の中心座標を書き出す
・座標から、ポイントを作る
・空間結合して、属性をコピー
でしょうか。
 それぞれの処理はGISの基本機能で行えますから、メッシュ長方形の数が100個だろうと1000個だろうと、ほとんど苦になりません。

 では、逆はどうでしょうか。
waku02.png
 この様なポイントから、メッシュを作るという作業です。

 これが・・・、なかなか一筋縄ではいきません。
 「ボロノイ(ティーセン)分割」を流用するという方法もありますが、
・ArcGIS エクステンションが必要になる
(まあ、ArcGISってエクステンションを2つばかり入れないと、実用にならないという傾向がありますが)
・MapInfo ポイントの数が多いと、処理が途中でアウトになる
という問題があります。
 「手で描く」という前時代的な方法は、とりあえず無視。

 長らく「何とかならないかな」という研究課題だったのですが、少し腰を据えて取り組んだ結果、何とかなる様になりました。
waku03.png
 属性もきちんとコピーされます。
 ポイント数が70万個以上でも、問題ありません。

スポンサーサイト

PageTop

QGIS

 必要に迫られて、QGISというフリーなGISを触り始めました。
 まだほんの手探りですが、最低限必要な機能は備わっているみたいです。

 ただ・・・、操作方法がさっぱり。既存のファイルを開くだけで、右往左往しました。
 「慣れ」の問題なのでしょうが、はてさてどのくらい時間がかかるものか。

PageTop

座標情報の書き出し

 GPS内蔵のカメラ(スマートフォン等を含む)で写真撮影を行うと、画像ファイル(主にjpeg)に撮影地点の座標情報(緯度、経度)が記録されます。
 便利な世の中になりましたね。昔は、いちいち紙図面に「あそこから、こうやって歩いてきたから、今は多分ここら辺だ」等と手書きしていました。

 画像ファイルに入っている座標情報は、エクスプローラーで簡単に読み取る事ができますし、情報を書き出すソフトウェアも公開されています。
 便利になりました。

 しかし、1回の仕事で数百枚の写真撮影をしたとしたら・・・、さてどうしましょうか。
 ほとんどの書き出しソフトウェアは、「ある1つのファイル」の処理は行えますが、複数ファイルの一括処理には対応していません。
 「ざっとつかんで、まとめて放り込んでボタン一押し!」という訳にはいかないのです。

 「ならば、1つ1つ丹念に・・・」というのも、正統派というか真っ向勝負というか、とにかく間違いではないのでしょうが、純粋に時間がかかります。

 今回、大量ファイル処理の必要に迫られたので、急ぎ専用ツールを作成して対応しました。
 100個だろうと1000個だろうと、一括で処理できます。
 もちろん、処理結果はそのままGISに持って行けますので、あっという間に「撮影位置図」も作成できます。

PageTop

河川水辺の国勢調査

 毎年、年末から年度末にかけて数社から「データ変換をお願いしたい」という依頼があります。
 ありがたい事です。

 「河川水辺の国勢調査」というのは、某役所が毎年行っている日本全国の河川の生物調査で、
・統一した調査手順
・統一したとりまとめ方法
・専用の処理ソフト
という、ある意味かっちり固められた、某業界にとってはドル箱な仕事だったりします。

 この「専用の処理ソフト」というのが食わせ物で、バージョンアップを重ねてかなりマシになりましたが、それでも非常に使いにくいという代物だったりします。
 更に、
・この種の処理は、このソフトではできません
・別途、皆さんで工夫して作業してください
・その際には、仕様書に従うように
と、かなり中途半端なツールなのです。
 弊社への依頼は、この「皆さんで工夫して作業」のところですね。

 ArcGISというソフト上で動作するツールも公開されていますが、これがまた異様に使い勝手が悪く、いざ作業を始めてみたはものの途中でどうにもならなくなって、「あきらめた。どうにかならないか」という事がちらほらと。
 大丈夫。お任せ下さい。

 弊社は、処理ソフトの様々な裏技による、大きなコストダウンの実現をお約束します。

PageTop

折線の連結

 GISでは、下図の様な「複数の折線を、1本にまとめる」という作業を結構頻繁に行います。特に、等高線(各折線に高さ情報が入っている)関係でこの種の作業が多いですね。

gis_pline001.gif

 ところが、これが意外と面倒だったりするのです。人間の目であれば、「4色の各折線は、1本にまとまる」とすぐにわかりますが、GISはどうもこの作業が苦手ですね。

 GISの一般的な機能を使って「くっついているものは、つなげよ」と指示しても、なかなか上手くはいきません。
 その理由は様々ですが、
・ある折線の終点が、必ずしも別の折線の始点ではない(座標の並び順が反対だったりする)
・人の目には同じ点に見えるが、実が座標の数値が微妙に違う(例:青線)
という場合が多い様です。

 仕方がないので、いちいち「この折線とこの折線を選んで、合体」「隙間が空いているところは直線を書き足して、選択して合体」等と作業したりするのですが、100本を超えると正直うんざりしてきます。

 この作業専用のツールを開発した結果、

gis_pline002.gif

  ↓

gis_pline003.gif

という作業(例:14本の折線を4本にまとめる)が楽になりました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。