FC2ブログ

パソコン作業で困った時は「ひろじょう」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

MapInfoのラベル拡張

 MapInfoの便利で不便な?機能として「ラベル」があります。

fig01.jpg

fig02.jpg

 この様なポリゴンオブジェクトがあったとして、簡単な操作で

fig03.jpg

 この様に、各オブジェクトに目印(ラベル)を表示できます。



fig04.jpg

fig05.jpg

fig06.jpg

 特定のグループに属するものだけを抽出して表示させる事もできます。
 その時、ラベルの表示方法も自動的に引き継がれます。

 便利なのはココまでで・・・



fig07.jpg

 上部4オブジェクトについて、手動でラベル位置を変更しました(これができるのも、MapInfoの強みです)。
 その後、レイヤ単位でラベルを非表示にしても・・・

fig08.jpg

 おかしい!、上記4オブジェクトのラベルが言う事を聞きません。
 こうなってくるともう泥沼で、何をどうやっても制御不能になってしまいます。



 気を取り直して、何か良い方法はないか考えてみます。
 幸いな事に、MapInfoはテキストを独立したオブジェクトにする事ができますので、ポリゴンオブジェクトとうまく重なるテキストオブジェクトをラベル代わりに使ってやれば良いですね。
 そして更にラッキーな事に、

fig09.jpg

 そのための便利な道具が標準装備されています。チマチマとテキストを入力する必要はありません。
 良いですね。

fig10.jpg

 作ったものが、コレです。4オブジェクトのラベル位置も反映されていますね。

 話がこれだけなら良いのですが、上の方を見て下さい。「特定のグループに属するものだけを抽出して」とありますね。
 つまり、クエリの結果だけを表示させる場合、オブジェクトについては問題ありません。ですが、テキストをどうしましょうか。
 実は、標準ツールで作成したテキストオブジェクトは、

fig11.jpg

 元になったオブジェクトの属性を引き継いでいないのです。
 なので、クエリ結果の上にテキストのレイヤをまとめて被せると・・・、表示させたくないものまで見えてしまいます。
 全テキストにチマチマと元オブジェクトの属性を入力してやるという方法もありますが、数が多いと大変ですよね。



 今回、この種の問題に直面しましたので、「何とかするツール」を作成しました。
 ほぼ自動的に、

fig12.jpg

fig13.jpg

 テキストオブジェクトを作成します(マゼンタのもの)。
 もちろん、元オブジェクトの属性も引き継がれます。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。